アンプルール 副作用

投稿日:

副作用ヘッダー画像

アンプルールはシミにも効果があると聞いたけど、副作用とかないのかな?

ここでは、アンプルールの副作用の有無に関して、詳しく説明しています。

美白・シミケアに興味あるけど、アンプルールは大丈夫なの?と思っている方の参考になればと思います。

アンプルールのハイドロキノンに副作用があるのは本当?

パッケージ画像

アンプルールの看板商品「ラグジュアリーホワイト」は美白・シミケアとして有名です。

一方で、アンプルールは美白成分としてハイドロキノンを採用しています。

参考

ハイドロキノンは、イチゴ類、麦芽など天然にも存在する成分ですが、シミの原因であるメラニン色素の合成を阻止する働きがあり、その美白効果はコウジ酸やアルブチンの数10倍~100倍といわれています。

アメリカで美白といえば、このハイドロキノンが主流になっています。日本ではこれまで医師の管理下でのみ 使われてきましたが、2001年の規制緩和により、メーカー責任で、化粧品に使用されるようになりました。

一般的なハイドロキノンの副作用

一般的なハイドロキノンは、その美白効果が強い一方で、肌への刺激が強いと言われています。

また、高純度に長期大量に使用し、紫外線対策(UVケア)なしに日光を浴びた場合などに色素沈着が起こった例があるので、ハイドロキノン使用中は必ずUVケアが必要になります。

ハイドロキノンは安定性が悪く、酸化することでベンゾキノンという成分を発生します。ベンゾキノンは毒性があり、肌に有害な物質です。

アンプルールのハイドロキノンは新安定ハイドロキノン

新安定ハイドロキノン

それでは、アンプルールのハイドロキノンも同様に副作用があるのでしょうか。

結論から言うと、アンプルールのハイドロキノンは不安定なハイドロキノンではなく、安定した新安定ハイドロキノンを採用しているので副作用への安全性が高くなっています。

新安定型ハイドロキノンは肌なじみをよくするBCDACをまとっているため、メラニンが合成されるメラノサイトへと入り込みやすく、従来のハイドロキ ノン以上に美白効果を発揮します。

 

Copyright© アンプルール 口コミ , 2019 All Rights Reserved.